製缶・極厚ロール曲げ加工技術
  • 極厚ロール曲げ加工技術
  • 極厚ロール曲げ加工技術
  • 極厚ロール曲げ加工技術

製缶・ロール曲げ加工はおまかせください

昭和37年、鉄骨の加工を主体として創業。その後、製缶事業に転換し、昭和60年にベンディングロール機の1号機を導入しました。
現在では6種類のベンディングロール機を揃え、プラント、土木、建設資材等で必要とされる様々な形状のロール曲げ加工に対応しています。

また、築炉用フォーマー(ホーマー)等の製品を製缶加工することも可能です。短納期をモットーに承っております。

ロール曲げで加工できるのは、円筒(パイプ)、テーパー管(両端で直径の違う円筒)、アーチ形状のもので、材質は鉄(SS)、ステンレス(SUS)、アルミ、チタン、銅など様々です。
利用される場所としては、製紙・化学・食品工場等のタンクやパイプ・ダクト・継手、真空チャンバー、農場のサイロやホッパー、焼却炉、ロータリーキルン、水処理施設などがあります。
また、厚い板で円筒を作り、それを精密に切削加工して大型洗浄機用ドラムやシャフトの軸受を製作するような使い方も可能です。
アーチ状に曲げた板は、大型のものは建物やトンネルの屋根、柱の補強など、土木・建築の構造物として使われたり、
小型・薄型のものは機械のカバー等で使われたりします。
このように、ロール曲げ加工は、プラント・機械・土木・建設など様々な分野で社会を支えている技術です。

弊社独自の極厚ロール曲げ加工技術を始め、長年の経験で培った技術で御社のニーズにお応えします。

極厚ロール曲げ加工技術

極厚ロール曲げ加工板厚70㎜のぶ厚い金属板を滑らかに精確に曲げる、山十佐野製作所が培った極厚ロール曲げ加工技術。

極厚ロール曲げ加工技術は、プラント製品や土木・建設機械への活用など、様々な分野で貢献していきます。

厚い板で円筒を作り、それを精密に切削加工して大型洗浄機用ドラム、シャフトの補強リブ、軸受(スリーブベアリング)を製作する、といった利用方法が可能です。
従来の工法から変更することでコスト削減に貢献した実績がありますので、ぜひご検討ください。

最新情報

(株)山十佐野製作所についての最新情報はブログをご覧ください。

PAGETOP
Copyright © 株式会社 山十佐野製作所 All Rights Reserved.